スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--/--
--:--
スポンサー広告

最近のリアル事情

お久しぶりです≡ヾ(*′▽`*)ノ


最近の私


GW前にやっと父が退院

GW遊びまくれるぜ!!と豪語したものの私風邪でダウン

途中幻想神域のHPのギルド掲示板に悪戯投稿

だがしかし

バチが当たった

その後もひどい咳が続き・・・喉の毛細血管がやぶけ咳コミながら血を吐く。

夜間外来にかかる

なんだか知らないけど、その晩はあいている病院のベットで安静

点滴3回(たぶんこの辺で嫌な予感はあった)

翌日血液検査と肺のレントゲン

高い白血球にぎくっ

肺から気管が真っ白で私は真っ青

厚生病院の内科の先生にっこりと

「酷い気管支炎ですね~。入院しましょうか~(*^-^*)」


実はこう見えて病弱なあ・た・し

毎年最低でも1回は気管支炎で厚生病院にお世話になっている(●´艸`)フ゛ハッ

余裕のよっちゃんで

私も

「お願いします~(*^-^*)」

そのまま入院。

2,3日点滴して安静していれば楽になるだろう~とまだこの時は余裕があった。

だがしかし入院2日目

にゃんだが・・・・背中がひりひり

にゃんだかにゃんだか・・・ピリピリ

寝すぎかしら・・・と特に気にすることないまま夜中になり

背中をふっとさわると・・・

ブツブツができてる

しかも沢山

慌ててナースコールで看護師さんに泣きつく

「なにこれ~~なにこれ~~~!!ね~~!なにこれ~~!」

看護師さんも「うわ!うわ!」

採血からのアレルギー検査

翌朝皮膚科の先生登場

写真をバチバチ取られる。

ストレスにより免疫力低下で気管支炎からの帯状疱疹

これがまた・・・もうね

布がこすれるだけでピリッっと痛みが走る走る。

仕方がないので患部に包帯。

だがしかし

帯状疱疹後から腰・・というかお尻からモモにかけてもピリピリ

ブツブツないけどピリピリ。

歩くとデンキが走る。

「なんだこれ~!!」

今度は整形外科の医師登場

ストレスから免疫力低下により気管支炎から帯状疱疹

帯状疱疹から坐骨神経痛。

アホか、私は!

おかげで点滴やらお薬やら、生理痛やらで

余裕がない入院生活に。


で、ですね

昨日退院してきたんですよ。

まだ帯状疱疹のブツブツと坐骨神経痛は治っていないので、通院が必要なのですが

まぁ、とりあえず自宅で安静。

これを理由に家事さぼれるぜ!!(^m^ )

そうしたらですね

アホな旦那がやってくれました

2時間ぐらい前に

ニコニコ顔で帰宅した旦那。

「退院祝い買ってきたよ~」

と、すっげー笑顔でビニール袋を渡されました。

中身これ


あほ旦那


なんでも帰りに金魚の餌を買いに行ったら見つけたらしいです。

うちの旦那

金魚を見るのは好き

だけど世話は一切しない。

慌ててバケツ2つにに水とカルキ抜きを入れて

1つは水温と水合わせ用

もう一つはトリートメント用

を用意しまして

まず水温合わせで30分

水質合わせに1時間

その後塩分濃度合わせに1時間

今やっと塩分濃度の調節が完了しました。

そして明日の水替え用の水をセット。

新しく金魚導入は

最初の1週間が勝負ですので手が抜けません。

1週間のトリートメント期間(ちなみにこの期間は水質や環境を慣らすための意味もあり)が終わった後

餌やりをしつつ、今度は入れる水槽の水合わせ。

水槽に入れた後も前からいる金魚と喧嘩しないか見張る必要がある。

つまり

全然安静にできない。

全然安静ができないのだよ!!!!

スポンサーサイト
2016
05/25
23:02
未分類
CM:0
TB:0

ちょっと真面目な話をたまには


こう見えて実は真面目な私です。

最近

「言葉」ということについて考える機会があったので

真面目に考えてみました。

言葉・・はすごく簡単なツールですが

とても怖いものだと思います。

発する側とそれを受け取る側の価値観や考え方、今までの生活上の経験や人生

それらすべてが同じ者同士じゃない。

発する側が自分の価値観や考え方で発し

受け取る側も自分の価値観や考え方で受け取る


そこには必ずしも違いは存在しますが

違いが大きいとき、大きすぎるとき

どうそれを合わせるか・・・

この「合わせる」行為ができる同士かどうか

これが大きな鍵だと思います。


片方が「合わせよう」と思っていても

片方が拒絶したら

「合わせる」ことすらできません。

それほど

どんな相手に対しても

どんな環境でも

言葉・・というのは工夫が必要だと…つくづく感じました。

また同じ言葉でも

発する側が違えば

許せること・許せないこと

あります。

「この人だから許せる」

「あの人には言われたくない」

だれにでもそういう事あると思います。

たぶんそこには多少なり相手の性格や相手に対する信用度が関係していると思います。


いやはや

私も未熟者でエラそうなこと書きましたが

要は

言葉は怖い

ただその一点。

2016
02/01
04:45
未分類
CM:0
TB:0
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。