スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--/--
--:--
スポンサー広告

ちょっと真面目な話をたまには


こう見えて実は真面目な私です。

最近

「言葉」ということについて考える機会があったので

真面目に考えてみました。

言葉・・はすごく簡単なツールですが

とても怖いものだと思います。

発する側とそれを受け取る側の価値観や考え方、今までの生活上の経験や人生

それらすべてが同じ者同士じゃない。

発する側が自分の価値観や考え方で発し

受け取る側も自分の価値観や考え方で受け取る


そこには必ずしも違いは存在しますが

違いが大きいとき、大きすぎるとき

どうそれを合わせるか・・・

この「合わせる」行為ができる同士かどうか

これが大きな鍵だと思います。


片方が「合わせよう」と思っていても

片方が拒絶したら

「合わせる」ことすらできません。

それほど

どんな相手に対しても

どんな環境でも

言葉・・というのは工夫が必要だと…つくづく感じました。

また同じ言葉でも

発する側が違えば

許せること・許せないこと

あります。

「この人だから許せる」

「あの人には言われたくない」

だれにでもそういう事あると思います。

たぶんそこには多少なり相手の性格や相手に対する信用度が関係していると思います。


いやはや

私も未熟者でエラそうなこと書きましたが

要は

言葉は怖い

ただその一点。

スポンサーサイト
2016
02/01
04:45
未分類
CM:0
TB:0
COMMENTS
秘密にする
TRACKBACK
http://ananasunasu.blog.fc2.com/tb.php/22-62bc5a3a
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。